2010年07月13日

「元職員」と「長崎乱楽坂」を読む。
吉田修一の本を読むたび、自分の音楽は単なるエンターテインメントにしか過ぎないように思う。例えば「渋さ知らズ」のような、拭っても拭いきれない業のような、そんなモノがない、自分がうそ臭く思えて仕方がない。いや、なんならそういったモノをひた隠しにしているような気がする。かといって、前面に出すと不幸になるから嫌だ。という感情まで含めて音に鳴るべきなんかもね。とにかく読むたび、引っ張られる。もやもやっとした感情。環状。勘定。
posted by あらかじめ決められた恋人たちへ at 03:26 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。